【おすすめ記事】仕事探しは多数の媒体から

ヘルパーに憧れて

出来るヘルパーになるには仕事探しが重要

サイトについてサイトについて学生の頃、祖父のお世話をするヘルパーの仕事振りに憧れ、介護の仕事に就いた私です。介護の仕事のやりがいや、必要な事をお伝え出来たらと思い、サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはコチラまでお願いいたします>>LongingforHelper@yahoo.co.jp

2016.4.10

仕事探しは多数の媒体から

様々な方法で探しましょう

求人サイトで探す

最近の傾向としてインターネット上の求人サイトで、求人情報を探す方法があります。ヘルパーもその例外ではなく、各種求人専門サイトが存在しています。
その中の一つにきらケアがあります。きらケアを利用するメリットは、介護業界に特化した求人サイトがあり、専任のコンサルタントが入職までを完全にサポートしてくれる点にあります。登録費用は無料で、就職、転職の際の相談ものってくれます。また、履歴書の書き方や面接対策にアドバイスをくれるなど、入職まで安心してサポートを受ける事が出来ます。

  • きらケアでヘルパーの求人をチェック
  • きらケア

ハローワークで探す

一般的な方法としてはハローワークで求人を探す方法があります。ハローワークはご存知の方も多いと思いますが、雇用促進のために国が設置している就職支援サービスです。求職者には、職業紹介の他、職業相談や雇用保険の手続きのサービスも行っています。今は、求人媒体が多くなり、ハローワークで求人を探すメリットは少なくなりましたが、しいて言えば、自分の地域に特化した求人数の多さがあります。また、小規模事業の求人が多いので、そこの求人を狙う方には良いと思います。

  • ハローワークでヘルパーの求人をチェック
  • ハローワーク

人材派遣会社で探す

人材派遣会社や人材紹介会社に登録をするという方法もあります。ケアスタッフセンターは東京近郊の介護関係の人材派遣や人材紹介を得意としています。

  • ケアスタッフセンターでヘルパーの求人をチェック
  • ケアスタッフセンター

その他

フリーペーパーや求人誌などで掲載されている求人の中から、希望の条件にあう求人を自分で探す方法もあります。媒体の運営元は民間企業で、求人を掲載する雇用先の企業が、掲載料や紹介料などを支払うことで成り立っています。フリーペーパーなどがその例となります。メリットとしては、雇用に力を入れる企業が分かりやすい点にあります。何故なら、求人に力を入れている雇用先は、露出度を図る為に広告費をかけ目立つ掲載をします。また、自分のペースで好きな時間や場所で求人を見れる点にもあります。しかし、その逆に露出の激しい雇用先に応募したところ、職員の出入りの激しい職場であった事が後から判明したという例もあります。その点では、いつもでも求人を出している雇用先には注意すると良いかも知れません。
この様に、様々な求人探しの方法がありますが、いずれも働きやすい場所で良いヘルパーになるには、仕事内容をしっかり確認し、妥協せずに粘り強く探す事が良いと思います。

リコメンド!

介護業界の入口

高齢化社会が進行し、要介護者が増え続けている現在、ヘルパーは介護の入り口として、注目を集める仕事となっています。実地経験を豊富にすることが出来るヘルパーは、介護職でのキャリアアップの足ががりともなる仕事と言えます。