【おすすめ記事】仕事探しは多数の媒体から

ヘルパーに憧れて

ヘルパーと介護をマネジメントするサービス提供責任者の仕事内容

サイトについてサイトについて学生の頃、祖父のお世話をするヘルパーの仕事振りに憧れ、介護の仕事に就いた私です。介護の仕事のやりがいや、必要な事をお伝え出来たらと思い、サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはコチラまでお願いいたします>>LongingforHelper@yahoo.co.jp

2016.2.16

リーダー的存在の<サービス提供責任者>

介護のマネジメントが目的です

サービス提供責任者になるためには

どの職業でもサービス責任者となる仕事をする方がいますが、介護サービスを行う上でサービス管理責任者は重要な仕事となります。より専門性が高い知識と技術を持つサービス提供責任者は、通常のヘルパーよりも良い待遇や給与を貰える事が出来ます。
サービス提供責任者になる為には、原則として介護職の専門資格である実務者研修の修了資格が必要です。民間スクールで受講する場合は、スクーリングをメインとした通学型と通信とスクーリングを併用した通信通学併用型の2つのタイプがあります。通信通学併用型は、スクーリングで座学で受ける講座をテキストを用いて自宅で学ぶことが出来ます。その為、働きながら空いた時間を使って講座を進めていくことが出来るので、ヘルパーのキャリアアップとして、最近ではこのタイプの学び方が非常に高い人気となっています。

仕事内容と役割

サービス提供責任者は、施設や事業所のヘルパー40名に対して1名以上のサービス提供責任者が在籍するよう介護法で定められています。サービス提供責任者とは、訪問介護サービスにおいて責任のある様々な事に携わるからです。例えば、訪問介護サービスを利用する利用者さんの自宅へサービス提供前に訪問し、利用者さんとご家族の現在の状況や希望する介護内容をヒアリングします。その上で、どの様な介護サービスが必要としているのか、それに対してどんなサービスが提供出来るかを決める重要な役割が、仕事内容のひとつとなります。
また、サービス提供開始した後に、ケアマネージャーがケアプランを作成し計画通りに介護を進めますが、サービス実施中にサービス内容が適切なものであるかその都度確認し、ケアプランをより良いものにする為にブラッシュアップするのもサービス提供責任者の役目となります。

介護のマネジメントをする仕事

サービス提供責任者の仕事内容で大切な事は、複数のヘルパー達をまとめるリーダー的存在になる事です。各ヘルパーの勤怠の管理や、ヘルパーと利用者さんが円滑にコミュニケーションが取れるように、ヘルパーと利用者さんの適正診断をする事もあります。また、ヘルパー達の相談や不満ごとを聞いたりもしますし、ヘルパーの急な休みなどに対応して、ピンチヒッターとして現場に出向き、ヘルパーの仕事をする事もあります。こうしたサービス提供責任者は介護の現場の内外をマネジメントする事が大きな役割と言えます。ヘルパーのスキルアップのための資格のひとつとなっており、年齢を重ねても働ける魅力ある資格と言えます。

リコメンド!

介護業界の入口

高齢化社会が進行し、要介護者が増え続けている現在、ヘルパーは介護の入り口として、注目を集める仕事となっています。実地経験を豊富にすることが出来るヘルパーは、介護職でのキャリアアップの足ががりともなる仕事と言えます。